一年に一度だけ、分不相応な航海をします。
この時だけは割高物でも躊躇せず食べたいだけ食べるようにしています。宿も料理が喜ばしいという口コミの所に限定して予約していらっしゃる。料理宿屋と言われる宿は、前菜から始まって甘味まで、いつの宿もほぼ同じ順番に料理が出て来ます。これについては、どこもほぼ同じなのでとりわけ疑問を持つ軽々毎度美味くいただきますが、中に、これは何かな?と思いながらも判らない通り食べてしまう雑貨もあり、前菜から甘味までの料理の全てがお宝ばかりとはいかないのが実情です。
ただし、でも献立を残すという事が勿体なくて出来ないので、出された物は全て食べるので、普段の飯容量との差がありすぎて、よく「胃がビックリしてるよね~」などと話しながら甘味まで完食します。
こうしたやりくりをはじめ週続けても、総じてウェイトは目立ちずに家に帰って来ます。それはエステに入ったり、いつもよりも動いているからカロリーを需要して太らないのかな?などと思っていたのですが、とある宿のおかみさんが、料理の最後の甘味にシャーベットをもちまして来られたら「こういう甘味を食べても、採り入れるプロセスから必須太りませんから大丈夫ですよ」というおっしゃられたのです。
航海から帰郷以下、もっとそのうたい文句が気になっていたので調べてみると、懐石料理の流れは、とにかく野菜から訪れ、糖の把握を抑えて空腹を満たして赴き、しばらくお腹がいっぱいになってきた店舗で、サッカリドのランチタイムや甘味にすすむので、サッカリドの把握が少なくなり、データおんなじ容量を食べても太らない事が判り、懐石料理はすばらしく考えられているなと思いました。
それからは、普段のやりくりも懐石料理のように、では野菜から召し上がるようにしているといった、自然と痩身が出来ているようで、太りやすい因習だと思っていましたが、本当は嗜好ものを空腹時に摂取することが肥える素因だったようで、痩身のために食するプロセスを気にかけていらっしゃる。ベセルナクリーム